資金分配団体の公募

新型コロナ及び原油価格・物価高騰対応支援枠
〈2022年度随時募集〉

「新型コロナ及び原油価格・物価高騰対応支援枠〈2022年度随時募集〉」の資金分配団体公募に関する情報を掲載しています。

  • 公募結果
  • 公募要領・
    提出書類
  • 公募日程
  • 申請
  • 説明会動画
  • 個別相談
    申込み
  • Q&A

0.新型コロナ及び原油価格・物価高騰対応支援枠〈2022年度随時募集〉公募結果

新型コロナ及び原油価格・物価高騰対応支援枠〈2022年度随時募集〉の公募結果を公表します。

資金分配団体の情報

資金分配団体の詳細情報

助成額や実行団体への支援内容等の申請事業の
詳細、審査コメント等については順次公表予定です。

採択団体 詳細情報【準備中】

採択に至らなかった団体の情報

採択に至らなかった申請団体の一覧(1次)
PDF(192KB)ファイルを別ウィンドウで開きます

※審査会議関連情報についても、準備が整い次第公開する予定です。

審査会議関連

ー準備中ー

申請時資料の公開

ー準備中ー

お問い合わせ・相談窓口

一般財団法人
日本民間公益活動連携機構(JANPIA)事業部

メールメールでのお問い合わせはこちら

1.「新型コロナ及び原油価格・物価高騰対応支援枠
〈2022年度随時募集〉」公募要領

趣旨

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、新たな生活上の困難を抱える人々が増え、行政が対応困難な社会的課題が増えている一方で、こうした社会的課題解決に取り組む団体においては対面サービスやボランティアの確保、財源確保が困難になるなどの課題に直面しています。 このような対応困難な社会的課題の解決に向けた民間公益活動の停滞は、その対象者の生活や困難な状況に直面している地域社会のみならず、民間公益活動を担う団体の事業継続に大きな影響を与えています。
加えて、ウクライナ情勢に伴う原油価格・物価高騰による経済・社会への影響は、新型コロナ同様、休眠預金等活用制度が対象とする社会の諸課題を惹起・拡大させる懸念があり、これらに対応する緊急的な支援ニーズへの対応も必要となっています。

こうした情勢下において、深刻化する課題は、「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律(平成28年法律第101号以下「法」という。)」の定める3つの分野の活動(①子ども及び若者の支援に係る活動、②日常生活又は社会生活を営む上での困難を有する者の支援に係る活動並びに③地域社会における活力の低下その他の社会的に困難な状況に直面している地域の支援に係る活動)において、一般財団法人日本民間公益活動連携機構(以下「JANPIA」という。) が同法に基づく指定活用団体として設定していた「優先的に解決すべき社会課題」そのものです。そこで、休眠預金等活用の目的に照らし、「誰ひとり取り残さない」ために、コロナ禍の影響や原油価格・物価高騰により新たに生じた、又は拡大した支援ニーズに対応する民間公益活動を行う団体(以下「実行団体」という。)が行う事業に対して助成を行う資金分配団体の公募(以下「新型コロナ及び原油価格・物価高騰対応支援枠」という)を、新型コロナ対応支援枠の拡充を行い JANPIAの2022年度事業計画(2022年5月2日変更)に基づく助成事業として公募を開始します。この新型コロナ及び原油価格・物価高騰対応支援枠は、2022年度事業計画の通常の助成枠(以下「通常枠」という)とは別に実施するものであり、本要領に沿って公募します。

【資料】
【参考】新型コロナウイルス対応支援助成 評価の実施について
(2021年度版)
PDF形式(262KB)ファイルを別ウィンドウで開きます

公募要領

JANPIA指定の様式は、下記からダウンロードしてください。
※様式1は PDF、様式2-7はエクセルでご提出ください。

【以下、コンソーシアムで申請される団体向け書類】

  • コンソーシアムの実施体制表(記入例)
    Word形式(127KB)ファイルを別ウィンドウで開きます閲覧用PDF形式(310KB)PDFを別ウィンドウで開きます
    ※書式は自由とします。「コンソーシアムの実施体制表(記入例)」を参考に作成し、PDF形式(A4サイズ)で保存し、提出してください。
  • コンソーシアムに関する誓約書
    PDF形式(420KB)PDFを別ウィンドウで開きます
    ※コンソーシアム構成団体の「団体情報」「規程類確認書」「役員名簿」は幹事団体と同じ「様式2 団体情報」「様式5 規程類確認書」「様式6 役員名簿」をご使用ください。
お問い合わせ・相談窓口

一般財団法人
日本民間公益活動連携機構(JANPIA)事業部

メールメールでのお問い合わせはこちら

2.2022年度新型コロナ及び原油価格・物価高騰対応支援枠
公募日程

※表は横にスライドできます。

1.公 募 期 間 3月22日(火)新型コロナ対応支援枠 申請受付開始
5月11日(水)から、新型コロナ及び原油価格・物価高騰対応支援枠として申請受付開始(随時受付)
2.審査会議による審査※1、理事会での決定 年複数回の審査会議を予定※2
3.資金分配団体決定の公表
選定された資金分配団体の名称、事業名、事業概要を公表※3
採択決定後1週間後
(目安)
4.JANPIAから資金分配団体への助成金支払い
資金提供契約書の締結
(資金分配団体とJANPIA)
採択結果公表後、準備が整い次第実施(速やかに対応)
5.資金分配団体による実行団体の公募・選定・選定結果の公表
6.資金分配団体から実行団体への助成金交付
資金提供契約書の締結

※1:審査期間中にJANPIA 事務局は、申請団体との面談・聴取を実施します。

※2:申請状況を踏まえ、下記の日程目安にて審査予定です。なお、下記は目安であり、申請状況を踏まえ柔軟に対応してまいります。

6月審査(5月31日(火)の申請まで)/8月審査(7月29日(金)の申請まで)/11月審査(10月21日(金)の申請まで)/1月審査(12月16日(金)の申請まで)

※3:採択された団体に対しては、事務手続きのオリエンテーションを行います。

お問い合わせ・相談窓口

一般財団法人
日本民間公益活動連携機構(JANPIA)事業部

メールメールでのお問い合わせはこちら

3.2022年度新型コロナ及び原油価格・物価高騰対応支援枠の
資金分配団体への申請

注意事項
  • 資金分配団体の公募であり、実行団体は該当しませんのでご注意ください。

申請受付

〈随時受付中〉

初めて申請する団体は、「申請手順」を参考に、以下から申請してください。

「過年度資金分配団体」は、すでにJANPIAに提出済みの書類(団体に関する書類)の添付を省くことができます。それぞれ、以下の「申請バナー」から申請してください。

■「様式6役員名簿」のパスワードについてはこちらから送信してください。

コンソーシアムに関連する書類は以下から申請してください。

申請ページについては、株式会社パイプドビッツのWebアプリケーション構築プラットフォーム「SPIRAL@」を利用しています。

  1. Step1
    「新型コロナ及び原油価格・物価高騰対応支援枠公募要領5・申請の手続き」にある必要書類をすべてそろえてください。(「様式6役員名簿」のファイルには必ずパスワードをかけてください。)
    ※送信できる書類の容量は1ファイル最大20MBまでです。ご注意下さい。
  2. Step2
    該当の「申請ページ」にて団体名等の項目を入力し、必要様式をすべて添付して「申請」ボタンをクリックしてください。
  3. Step3
    「申請」ボタンをクリックすると、「申請が完了しました」と表示されます。
  4. Step4
    役員名簿のパスワードはパスワード送信用フォームを使ってJANPIAまでお送りください。
お問い合わせ・相談窓口

一般財団法人
日本民間公益活動連携機構(JANPIA)事業部

メールメールでのお問い合わせはこちら

4.2022年度新型コロナ及び原油価格・物価高騰対応支援枠
〈2022年度随時募集〉

現在、「2022年度資金分配団体公募〈通常枠・第1回〉オンライン説明会」の動画を公開しております。
「新型コロナ及び原油価格・物価高騰対応支援枠」に於いても、申請の際に参考としていただける内容をご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

※「新型コロナ及び原油価格・物価高騰対応支援枠〈2022年度随時募集〉」の説明会については、開催が決まり次第、情報を掲載させていただく予定です。(昨年度は11月に実施しております。)

なお、新型コロナ対応支援枠で事業を実施した資金分配団体の記事が休眠預金活用事業サイトに掲載されています。ぜひご覧ください。

https://kyuminyokin.info/articles/534
https://kyuminyokin.info/articles/533

お問い合わせ・相談窓口

一般財団法人
日本民間公益活動連携機構(JANPIA)事業部

メールメールでのお問い合わせはこちら

5.個別相談申込み

申請をご検討の団体向けに個別相談の場を設定しています。
新型コロナウイルスへの対応のため、オンライン(zoom)での開催としています。

ご希望の方は、公募に関するお問い合わせフォームに以下の項目をご記入の上、お申し込みください。なお、個別相談は申請締め切り日まで設定可能です。

  • 団体名
  • 出席者のお名前、役職
  • ご希望の助成(随時枠、又は資金分配団体の公募〈通常枠〉)
  • お考えのプログラムの概要
  • プログラムにより解決したい社会課題とその解決方法
  • 相談されたい内容
  • 相談希望日時

    ※複数の候補日、時間をご提案ください。

    ※個別相談は、平日の10時~、11時~、13時~、14時~、15時~、
    16時~、17時~に開催しています。

    ※ご希望通りの調整ができない場合がございますが、その場合、日程について別途ご相談させていただきます。

相談に際し、お手元の資料の送信をご希望の方へ

お申し込み後、担当者から日程調整のメールをお送りさせていただきます。その際に、該当資料を添付してご返信ください。

お問い合わせ・相談窓口

一般財団法人
日本民間公益活動連携機構(JANPIA)事業部

メールメールでのお問い合わせはこちら

準備中

Page Top