お知らせ

新型コロナウイルス対応支援助成(新型コロナ対応支援枠〈2022年度随時募集〉)の公募要領を更新

お知らせ

2022年3月22日より開始している「新型コロナウイルス対応支援助成(新型コロナ対応支援枠〈2022年度随時募集〉)」について、2022年度事業計画の認可に基づき、公募要領を更新しました。

〈変更箇所〉公募要領 P8 06 経費について ③

修正前
①に加え、伴走支援の担い手となるプログラム・オフィサーの活動経費として、1団体あたり年間300万円(人件費は対象となりません)を上限とする額を必要に応じて申請可能です。
修正後
①に加え、伴走支援の担い手となるプログラム・オフィサーの活動経費として、1団体あたり年間800万円を上限とし、そのうち人件費については1団体あたり年間500万円を上限として申請可能です。この助成にあたっては、助成対象とするプログラム・オフィサーが、JANPIAが指定又は開催する所定の研修等を受講することが条件となります。※本経費の申請にあたりご不明な点がありましたらJANPIAまで照会ください。

修正後の通り、「新型コロナウイルス対応支援助成(新型コロナ対応支援枠〈2022年度随時募集〉)」では、プログラム・オフィサーの活動経費として、人件費も申請可能となりました。本経費の申請に当たりご不明点がありましたら、JANPIAまでお問い合わせください。

■新型コロナウイルス対応支援助成(新型コロナ対応支援枠〈2022 年度随時募集〉)
公募要領公開 2022年3月22日(火)
詳細ページ https://www.janpia.or.jp/koubo/2022/corona.html

■審査会日程の目安
現在の申請状況を踏まえ、下記の日程目安にて審査予定です。
なお、下記は目安であり、申請状況を踏まえ柔軟に対応してまいります。

6月審査 (5月31日(火)の申請まで)
8月審査 (7月29日(金)の申請まで)
11月審査 (10月21日(金)の申請まで)
1月審査 (12月16日(金)の申請まで)

また、JANPIAでは個別相談を随時実施しています。申請をご検討の団体の皆さまは、ぜひご活用ください。

個別相談の申込

以上