内部通報制度(ヘルプライン)

JANPIAでは、資金分配団体及び民間公益活動を行う団体(実行団体)の役職員、助成事業の関係者を対象として、直接通報や相談を受けることのできる通報窓口を設置しています。

JANPIA資金分配団体等
役職員専用ヘルプライン

ヘルプラインの利用について

資金分配団体及び実行団体(以下「団体」という。)が整備する内部通報窓口に併せて、「JANPIA資金分配団体等役職員専用ヘルプライン」を団体の外部機関窓口として設定することができます。また、団体の規模等により内部通報窓口の設置が困難な場合は、本窓口を団体の内部通報窓口として設定することも可能です。

※なお、本窓口の利用や設定により費用負担が発生することは一切ありません。

ヘルプラインの周知

本窓口のホームページへの掲載等により、関係団体及び関係者への周知をお願いいたします。

利用いただける方

資金分配団体及び民間公益活動を行う団体(実行団体)の役職員及び事業の関係者

通報・相談いただける内容

原則として、休眠預金等活用法に基づく助成事業に関するもの

通報等の方法

以下のメールアドレスに、通報、申告及び相談したい内容等を送信してください。

通報先:janpia-bzhl@integrex.jp

通報後の対応

本窓口では、通報等のあった内容について、通報者の意向確認(匿名化の希望、調査の必要性、結果連絡の有無等)を行い、その結果をJANPIAの担当者に送付します。その後、事案に応じて事実関係の確認等を行い、通報者(及び通報等の内容に応じて団体の担当者)に対応方針や結果等をご連絡させていただきます。なお、通報者は、本窓口を通じて、対応終了まで何度でも連絡を取り合うことができます。

その他

  • 通報者に関する情報や通報いただいた内容は、当機構と団体の規程に則り厳正に管理いたします。コンプライアンス違反の調査、対応以外の用途に使用したり、通報者の同意を得ずに他に開示したりすることはありません(法令等により開示を求められる場合を除く)。
  • また、通報等をしたことにより、通報者が当機構や団体から不利益な取扱いを受けることはありません。