資金分配団体・実行団体情報

  • 資金分配団体

    [ イノベーション(新規)企画支援事業 ]

    特定非営利活動法人 エティック

    子どもの未来のための協働促進助成事業
    〜不条理の連鎖を癒し、皆が共に生きる地域エコシステムの共創〜

    事業概要
    貧困・虐待・いじめ等、子どもを取り巻く深刻な課題に対し、関係者は様々な努力を現場で重ねてきたが、対応が追い付かず疲弊している。個別での対処療法的取組みが限界を示す中、諸機関が連携し、予防・早期発見・対応ができる地域エコシステムの共創が必要である。本事業は、全国4-5地域において、中間支援組織(実行団体)に対し、資金提供及び伴走支援(集合研修と個別支援)を行う。それにより同組織のチェンジ・エージェント機能(コーディネーション、課題の見える化・構造化、対話の促進など)が向上し、地域内の協働プロセスとガバナンス構築を支援することで、課題解決を力強く推進するコレクティブ・インパクトの実現を目指す。
    対象地域
    全国
    実行団体数
    6団体
    団体ホームページ
    https://www.etic.or.jp/
  • 実行団体

    [ 新規企画支援事業 ]

    特定非営利活動法人
    岡山NPOセンター

    「おかやま子ども基金(仮)」創設を核とした子どもの
    虐待・貧困等0を目指すオール岡山体制構築事業

    • 資金分配団体名:
      特定非営利活動法人 エティック
    • 資金分配団体事業名:
      子どもの未来の為の協働促進事業
    事業概要
    予防からセーフティネットまでオール岡山で対応できる体制を構築する。
    【1.アライアンスと情報連携の仕組み構築】
    家庭を主語に様々な機関が連携して支援するために総合的なアセスメント開発とそれを基に支援の判断や情報共有を行うための仕組み構築を軸に、様々な支援組織による包括連携的な支援アライアンス(連合)を構築する。
    【2.おかやま子ども基金(仮)創設とそのサポーター養成】
    子どもを支えるための税とは違う資金の流れを生み出すために「おかやま子ども基金(仮)」を創設し、それを支える市民サポーター等による仕組み構築をコミュニティオーガナイジング、ファンドレイジングなどの知見を集約して行い、継続可能な仕組みにする。
    【3.官民協働の支援体制づくり、政策提言】
    これらの動きを市の支援と連動させるために政策提言など各種調整を行う。
    対象地域
    岡山県岡山市
    事業期間
    3年間
    助成額
    【助成総額】4,000万円
    団体ホームページ
    http://www.npokayama.org/
  • 実行団体

    [ 新規企画支援事業 ]

    特定非営利活動法人
    グッド・エイジング・エールズ

    日本初の大型総合LGBTQセンター
    「プライドハウス東京」設立プロジェクト-情報・支援を全国へ届ける仕組みを創り、
    LGBTQの子ども/若者も安心して暮らせる未来へ-

    • 資金分配団体名:
      特定非営利活動法人 エティック
    • 資金分配団体事業名:
      子どもの未来の為の協働促進事業
    事業概要
    「プライドハウス東京」は、50団体を超える官民産学のコンソーシアムによりコレクティブに課題に取り組み(コンソーシアム体制)、以下3つの機能により、目指す社会的インパクトを生み出す。
    1)支援・啓発の拠点として、日本初の大型総合LGBTQセンターを東京に設立し(センター機能)、
    2)情報を集約し、誰もがオン/オフラインでアクセス可能にし(情報プラットフォーム機能)、
    3)全国地域へ支援・情報を届ける仕組みをつくり提供する(アウトリーチ機能)。
    なお、2020年は、新型コロナウイルス感染拡大の状況下で、LGBTQユース向けのオンラインの居場所づくりを緊急で立ち上げる。また、東京オリンピック・パラリンピックが来年に延期となったことを受け、当初2021年に取り組む予定だった常設センターを、前倒して東京都内で設立し、可能な範囲での支援を通して課題やニーズの可視化を行う。2021年は、常設センターでの具体的な支援・啓発プログラムの確立を目指すとともに、東京2020の公認プログラムとして国内外への情報発信の強化を目指す。2022年は、常設センターの持続可能な運営体制と、全国へのアウトリーチ機能を強化する。このことにより、LGBTQユースがどの地域でも適切な支援と正しい情報にアクセスできる体制を構築し、LGBTQユースもありのままで大人になれる日本を創る。
    対象地域
    東京都、及び全国
    事業期間
    3年間
    助成額
    【助成総額】3,000万円
    団体ホームページ
    http://www.goodagingyells.net
  • 実行団体

    [ 新規企画支援事業 ]

    NPO法人Learning for All

    困難を抱える子どもを早期から切れ目なく支える地域の生態系作り

    • 資金分配団体名:
      特定非営利活動法人 エティック
    • 資金分配団体事業名:
      子どもの未来の為の協働促進事業
    事業概要
    「遅すぎる支援」「対応できない支援」を変えるために、地域のステークホルダーと共に『困難を抱える子どもを早期から切れ目なく支える地域の生態系作り』を実践する。早期に繋がるための地域ネットワークを構築し、子どもの複雑な課題を支えられるよう柔軟な支援と連携を、関東2地区で行う。主に下記に取り組む。
    ● 【子どもが早期に繋がる仕組み作り】:子どもに関わる地域のネットワークを活用、学習支援ネットワークの構築や行政連携を活用
    ● 【子どもの課題に沿って支える支援の仕組み作り】:柔軟な支援体制を用意、必要に応じて地域資源に連携、他団体へのノウハウ支援、地域における子ども対応の協議として関係者と定期的に相談会や懇談会の実施
    対象地域
    関東2地区
    事業期間
    3年間
    助成額
    【助成総額】3,800万円
    団体ホームページ
    https://learningforall.or.jp/
  • 実行団体

    [ 新規企画支援事業 ]

    NPO法人MamaCan

    子育て・子どもの孤立をオール松戸で予防する
    「まつどでつながるプロジェクト」

    • 資金分配団体名:
      特定非営利活動法人 エティック
    • 資金分配団体事業名:
      子どもの未来の為の協働促進事業
    事業概要
    出産前後からの早期のアプローチと、自ら声をあげることが難しい子育て世帯が自然とつながりを持てる機会を増やすことで、子育てにおける社会的孤立を減らし、負のループを予防、緩和することを目指している。具体的には「行政・企業・NPO・地縁組織の課題意識を共有し、既存の取り組みを活性化させる体制づくり」「社会からこぼれてしまう人を一人でも減らすための予防・リスクを関するための仕組みづくり」の2つの柱で松戸市の様々なステークホルダーを巻き込み、子育てを地域全体で支える風土を広げていく。またこれらの取り組みをモデルとして、得られたノウハウや仕組みを他地域に展開していけるように評価、発信する。
    対象地域
    千葉県松戸市
    事業期間
    3年間
    助成額
    【助成総額】2,400万円
    団体ホームページ
    http://mamacan-m.com/
  • 実行団体

    [ 新規企画支援事業 ]

    一般社団法人小豆島子ども・若者支援機構

    未来につなぐ持続可能な地域社会を目指した、
    子ども・若者とその家族のための「生きるを支える」
    多機能的支援事業

    • 資金分配団体名:
      特定非営利活動法人 エティック
    • 資金分配団体事業名:
      子どもの未来の為の協働促進事業
    事業概要
    定期的な供食支援を伴う居場所の開催や一人ひとりの子どもに添った個別的なニーズを聴きながら支援活動に当たっている。中でも、移動支援への要望が高く、公共交通機関の不便さからくる病院や役場への同行や送迎の依頼が頻回にある。島内事情から、ピアサポート等も展開しており、多世代交流が促され地域の活性化が促進されている。まだない言葉であるが、生活を支えるための「子ども・若者版の小規模多機能的支援」とでもいったような子供や家族の自立のための生活支援活動が展開されている。また、ひとり親の日常生活自立支援事業や、困窮世帯子弟の学習支援機関との連携も始まっており、気軽に相談できる窓口として活動を展開している。
    対象地域
    香川県小豆郡全域
    事業期間
    3年間
    助成額
    【助成総額】1,130万円
    団体ホームページ
    https://www.facebook.com/hotspaceshowz/
  • 実行団体

    [ 新規企画支援事業 ]

    特定非営利活動法人子育て運動えん

    西成区子育て・子育ち応援事業

    • 資金分配団体名:
      特定非営利活動法人 エティック
    • 資金分配団体事業名:
      子どもの未来の為の協働促進事業
    事業概要
    「いつでも どこでも みんなで 子育て」というビジョンのもと、西成区のすべての子育て世帯が安心して生活できるように、支援が必要な世帯の課題を早期に発見し、虐待など問題の深刻化を防止する取り組みを行う。西成区の子育て・子育ちに関わる公的・民間団体のほぼ全てが加盟するネットワークのなかで、子育て・子育ち情報の発信によるアウトリーチから、ボランティアや専門家による子育て支援、親子の居場所作り、子どもの権利推進に至るまでの包括的な取り組みを、連携を図りながら実施していく。
    対象地域
    大阪市西成区(および浪速区などの近隣区)
    事業期間
    3年間
    助成額
    【助成総額】2,670万円
    団体ホームページ