お知らせ

新型コロナ及び原油価格・物価高騰対応支援枠〈2022年度随時募集〉(新型コロナ対応支援枠の事業内容変更)の公募要領を公開します

お知らせ

2022年3月22日より公募を開始している「新型コロナウイルス対応支援助成(新型コロナ対応支援枠〈2022年度随時募集〉)」につきましては、新型コロナ対応に加え、ウクライナ情勢に伴う原油価格・物価高騰の影響による社会課題の解決にも活用していただけるよう「新型コロナ及び原油価格・物価高騰対応支援枠」へ拡充を行いましたのでお知らせします。

<変更内容>

  • 名称変更
    『2022年度新型コロナ及び原油価格・物価高騰対応支援枠』
  • 内容変更:
    現行の「2022年度新型コロナ対応支援枠」を「2022年度新型コロナ及び原油価格・物価高騰対応支援枠」に組み替え、新型コロナに加えて、原油価格・物価高騰に係る社会課題解決のための事業を支援。
  • 助成総額
    約56億円(40億円から約16億円の増額)

<原油価格・物価高騰対応として想定する主な事業>

  • 生活困窮者に対する支援事業(食品等の生活物資や宿泊施設の提供)
  • 移動手段に制約のある高齢者等に対する支援事業(輸送サービスの提供)
  • 失業者に対する就労支援事業など

<ご参考>
『新型コロナ及び原油価格・物価高騰対応支援枠』が対象とする事業のイメージ
(PDF)

〇申請事業をご検討いただくにあたって…

緊急的な支援を行う事業に加えて、社会全体の自律的な回復力を高めたり、将来への備えを厚くしていくといった事業が今求められています。事業実施期間 1年を通じてこうした取り組みを行う事業の申請もお待ちしております。
申請に当たりご不明点がありましたら、JANPIAまでお問い合わせください。

■新型コロナ及び原油価格・物価高騰対応支援枠〈2022年度随時募集〉

公募要領 → https://www.janpia.or.jp/koubo/2022/corona.html

■審査会日程の目安

現在の申請状況を踏まえ、下記の日程目安にて審査予定です。
なお、下記は目安であり、申請状況を踏まえ柔軟に対応してまいります。

  • 6月審査(5月31日(火)の申請まで)
  • 8月審査(7月29日(金)の申請まで)
  • 11月審査(10月21日(金)の申請まで)
  • 1月審査(12月16日(金)の申請まで)

また、JANPIA では個別相談を随時実施しています。申請をご検討の団体の皆さまは、ぜひご活用ください。
個別相談の申込

以上